大人ニキビがよくならず、困っています。

考えられる原因としては以下のようなものがあります。

(1)ホルモンバランスの崩れ
女性の場合はホルモンバランスの崩れでニキビを作ることが多いです。生理前にニキビができたり、ニキビがあごのあたりにできるのであればホルモンバランスを疑ってみましょう。
日頃の生活でストレスをためていませんか?ストレスもニキビの大敵です。
上手にストレスを発散する工夫をしましょう。

(2)夜更かし
普通肌の人でも夜更かしをすると肌の脂分の分泌が増えてしまいます。寝る前に化粧品と乳液で充分保湿をしてさっさと寝ましょう。

(3)化粧品が合っていない
高価なスキンケアラインはいかにも肌に良さそうですが20代ではまだ早すぎます。このような高価なラインはアンチエイジング目的のものが多く脂分を相当含んでいるからです。今は若い女性向けのオイルフリーの化粧品がたくさん出ていますから、それらを使うようにしてください。またどのブランドも乳液は脂分を含んでいることが多いので、化粧品の後に乳液の代わりに美容液を使うといいでしょう。

(4)栄養バランスの偏り
現代の食生活はビタミンが不足しがちです。ニキビを作りにくいビタミンB群、ニキビ跡の治りを助けるビタミンCを意識的に取るようにしましょう。本来は野菜や果物で取るのが理想的ですが、サプリでもよいです。

⇨自宅で安全にできる!ニキビ&ニキビ痕改善法

サブコンテンツ

このページの先頭へ