ニキビを潰した跡が赤く残っています

ニキビの症状が出るのは、最初は表皮です。
表皮は、ターンオーバーによって、古い角質が剥がれ新しい角質が再生されます。
ですので、ニキビが初期段階のうちに治れば、ダメージは表皮だけですから
ターンオーバーが正常に行われる限り跡が残ることはありません。

しかし、ニキビが炎症を起こし化膿する段階に進むと
真皮にある毛包周辺にまでダメージが及びます。
真皮にはターンオーバーがありませんので
破壊された組織がそのままニキビ跡になって残るのです。

ニキビ跡の改善には、直接メラニンを除去することと
肌細胞を活性化して肌の再生力を取り戻すこと、この2つが必要になってきます。

正常な肌のターンオーバーのサイクルは28日程度ですが
沈着したメラニン色素は、1サイクルでキレイに排出されることはありません。

表皮の比較的上にあるメラニンであれば、数ヶ月で排出されますが
一番下に沈着したメラニンの場合、数年かかることもあるのです。

ですので治るとは思いますが、すぐにというわけにはいかないです。。。

メラニン色素の除去に有効な方法としては
代表的なものに★ハイドロキノンや★ビタミンC誘導体
レーザーやフォトフェイシャルなどの光治療があります。
ターンオーバーや肌再生力の活性化には、プラセンタやEGF
コラーゲン、ピーリングといった方法があります。

⇨自宅で安全にできる!ニキビ&ニキビ痕改善法

サブコンテンツ

このページの先頭へ